クレジットカードと海外旅行


日本ではクレジットカードは当初国内利用が中心でした。海外で利用できるクレジットカードは旧住友VISAカード(現三井住友VISAカード)などが発行する一部のクレジットカードに限られていたからです。しかし、海外旅行ブームを受けて、クレジットカード各社は国際ブランドと提携した国際カードを発行するようになりました。1970年代のことです。

それ以来クレジットカード会社は海外でのショッピング利用を獲得するために、海外向けサービスを充実させるようになりました。海外旅行傷害保険の付帯や海外アシスタンスサービスなどがその代表的なものです。その反面海外でのクレジットカード利用が多くなるにつれて、海外利用でのトラブルも多くなってきました。日本と同じ感覚でいると、カード犯罪の被害に遭う確率が高いからです。

ここではクレジットカードと海外旅行に関する情報を提供しています。海外旅行に行く前にこういった知識を身に付けることで快適な旅行ができるでしょう。

クレジットカードと海外旅行コンテンツの抜粋

◆イギリス マークス&スペンサーというイギリスの大手スーパーは「&モア」というクレジットカードを発行しています。このクレジットカードはポイントサービス付きで、50日間無利子や5%の金利優遇などを年会費無料で行っています。1ポンドで1ポイント付与というポイントプログラムで、日本と同様に人気があるサービスのようです。日本のsuicaと同じような機能を持つ「オイスターカード」も発行されています。2004年にロンドンの公共交通料金が値上がりしたことを受けて発行された非接触型のチャージ可能なカードです。
 続きはこちらから⇒クレジットカードの海外事情1

海外アシスタンスサービスは海外旅行には欠かせないサービスのひとつです。クレジットカード会社が提供している海外アシスタンスサービスでは、現地でのトラブルをはじめとして、観光案内や便利なサービスなどを日本語で案内してもらえます。言葉が通じない地域では頼もしい存在となります。海外旅行前にクレジットカードの利用枠を一時的に増枠するサービスや、帰国後に1回払をリボ払いに変更するサービスなどもクレジットカード会社のほとんどが提供しています。
 続きはこちらから⇒クレジットカードの海外旅行向けサービス

クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯されることがあります。すべてのクレジットカードに付帯されるわけではなく年会費無料のカードには付帯されないこともありますが、一般的には付帯されるケースがほとんどです。しかし、自動的に付帯される場合だけではなくクレジットカードで旅行代金を決済する条件が付く場合もあります。クレジットカードに付帯される海外旅行傷害保険の補償は死亡・後遺障害の金額が強調されていますが、実際に海外旅行で役立つのは治療費用や携行品損害などの補償です。
 続きはこちらから⇒クレジットカードの海外旅行傷害保険



1番得するクレジットカード 徹底比較